ニュース
» 2010年02月16日 12時03分 UPDATE

富士通とキヤノン、IT機器や複合機などの運用管理サービスで協業

富士通とキヤノンが協業し、IT機器や複合機などの運用管理サービスを提供すると発表した。

[ITmedia]

 富士通とキヤノンは2月16日、企業向けにIT機器や複合機の運用管理サービスを提供する目的で協業すると発表した。

 協業では、コピーやプリント、スキャニングなどのドキュメント入出力に関係する業務を構築から運用までをキヤノンが代行する「キヤノン・マネージド・ドキュメント・サービス」と、富士通のIT機器運用支援サービス「ワークプレイス-LCM サービス」を組み合わせ、共同展開する。

 クラウドコンピューティング環境への対応も進め、サービス基盤を両社で展開する計画。これにより、オフィス内のIT機器と複合機などを包括的に運用管理できるようになるという。

 新サービスなどは3月からキヤノンマーケティングジャパンと富士通が共同販売し、3年間で100社の利用を見込む。

関連キーワード

運用管理 | 富士通 | キヤノン | 協業


関連ホワイトペーパー

運用管理 | 富士通 | キヤノン


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -