ニュース
» 2010年02月16日 18時37分 UPDATE

日本IBM、自動車メーカー向けテキストマイニングサービスを提供へ

日本IBMは、自動車の利用者情報を収集、分析する「自動車業界向け市場情報分析サービス」の提供を6月30日に開始する。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は2月16日、自動車の利用者情報を収集、分析するサービスの提供を6月30日に開始すると発表した。サービスの対象は、自動車メーカーや部品サプライヤー。

 新サービスの名称は「自動車業界向け市場情報分析サービス」。米国運輸省道路交通安全局で公開している59万件の利用者データを活用。キーワードを設定すると、同局のデータベースから必要なデータを検索し、表やグラフで分かりやすく分析情報を表示する。自動車の開発に役立つ情報が得られるとしている。

 データの収集・分析ソフトウェア「IBM Cognos Content Analytics」を活用し、公開情報をテキストマイニングで分析。日本IBMの幕張データセンターのクラウドコンピューティング環境を活用し、ネットワーク経由でサービスを提供する。5ユーザーから利用可能。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -