ニュース
» 2010年02月17日 08時00分 UPDATE

グレープシティ、Java入力コンポーネントの新版を提供へ

グレープシティは、Java EEシステム向けの入力フォーム用コンポーネントの新版を3月24日に発売すると発表した。

[ITmedia]

 グレープシティは2月17日、Java EEシステム向けの入力フォーム用コンポーネントの新版を3月24日に発売すると発表した。

 製品名は「InputMan for Java EE 2.0J」。複数列のドロップダウンリストを表示するコンポーネントとファンクションキーに任意の動作を割り当てるコンポーネント、入力データの検証とエラー通知機能を持つ検証コンポーネントを新たに収録した。デザイナはJSPだけでなく、JSFの自動作成にも対応。IBM Rational Application Developerと統合した開発もできる。

 同製品シリーズは、企業内ポータルサイトや各種Webアプリケーションにおいて、エンドユーザーが入力するデータの妥当性をチェックするもの。Javaアプリケーションでは実装に手間がかかるといわれる入力値の検証機能、入力ゆれを防ぐ文字種変換機能、入力エラーの通知機能といったインタフェースを構築できる。和暦や漢数字表示、郵便番号などの定型書式入力、ふりがなの取得など日本固有の要求にも応える。

 価格は、5台の端末まで利用できる開発ライセンスが9万4500円、運用サーバライセンスは73万5000円。

関連キーワード

グレープシティ | Java | 帳票 | J2EE


関連ホワイトペーパー

Java


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -