レビュー
» 2010年02月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:真の仮想化=スケールアウト! 仮想化のリスクを軽減するストレージとは?

サーバの仮想化で実現した運用・資産コストの削減も従来のストレージによる様々なボトルネックが仮想化による利益を帳消しにするケースが多々ある。真の仮想化とは何か? (提供:アイシロン・システムズ)

[PR/ITmedia]

 サーバ仮想化が進む中、ストレージ環境は依然SANなどの従来ストレージ(スケールアップ型ストレージ)で運用している企業も少なくない。

サーバ側ではコストの削減や運用管理の最適化を図る一方、スケールアップ型によるストレージ運用は複雑でコスト高で、仮想化のメリットを享受できない状況に陥る。

 アイシロンのスケールアウト型ストレージは、仮想化環境をより最適にするストレージソリューションを提供する。

 既存ストレージによる様々なボトルネックを解消し、仮想化のメリットを最大限生かすアイシロンの優位性を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -