ニュース
» 2010年02月18日 12時10分 UPDATE

NetIQ、拡張性を高めたActive Directory管理製品の最新版発売

NetIQは、Active DirectoryやExchange Serverでの詳細な権限管理や監査、リポート機能を搭載する「Directory and Resource Administrator 8.5」を発売した。

[ITmedia]

 NetIQは2月18日、Active DirectoryやExchange Serverで詳細な権限管理ができる製品の最新版「Directory and Resource Administrator 8.5」を発売した。

 Directory and Resource Administratorは、グループやユーザー、コンピュータ単位で管理に必要な権限を詳細に設定したり、変更管理をしたりできるほか、ログの記録やリポートなどができるツール。最新版では300以上の権限と60以上の役割を設定でき、Webコンソールによる担当者やヘルプデスクなどへの業務インタフェースの提供などを可能にした。

dra85.jpg 管理者用コンソール

 また、「AD Lightweight Directory Service(LDS、ADAM)」をサポートしたことで、ADスキーマを拡張することなく属性を追加できる。権限委譲を含めたすべての操作を監査ログとして記録するため、後日の追跡が可能なほか、新しいリポーティングツールの「NetIQ Reporting Center」を搭載し、作業が頻繁に行われる大規模環境でもリポート出力を容易にできるようにした。

 購入には、Active Directoryに登録したユーザーオブジェクトの数以上となるように、100ユーザーごとに1シート単位でのライセンスが必要。価格は1シート当たり25万6000円(税別)となっている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -