ニュース
» 2010年02月23日 16時28分 UPDATE

ALSI、汎用USBメモリにセキュリティ機能を付加する製品の最新版発売

アルプス システム インテグレーションは、USBメモリにセキュリティ機能を付加する「InterSafe SecureDevice」の最新版を発売する。

[ITmedia]

 アルプス システム インテグレーションは、USBメモリにセキュリティ機能を付加する製品の最新版「InterSafe SecureDevice v1.0 SP1」を、2月24日に発売すると発表した。

 InterSafe SecureDeviceは、汎用的なUSBメモリ製品に暗号化やデータの移動を制限する機能を付加する。最新版ではWindows 7への対応やユーザーインタフェースの改善、設定できる管理者権限の細分化などを図った。

 暗号化したUSBメモリを紛失しても管理PCでしか復号できないため、情報が第三者に閲覧されるのを防止できるほか、外部PCへのデータ移動の禁止、外部PCからUSBメモリへのファイル転送の禁止といった制限により、情報漏えいやマルウェアの混入も防げるという。

 価格は、管理ソフトとUSBメモリ5つまでのライセンスをセットにした一般ライセンスが3万8000円、教育機関向けのアカデミックライセンスが3万円などとなっている。

関連キーワード

USBメモリ | ALSI | 暗号化 | 情報漏洩対策


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ