レビュー
» 2010年02月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バックアップ・ソフトウエアを利用した仮想環境のデータ保護ベストプラクティス

VMware環境化のデータを効率的に保護する手法として、バックアップ・ソフトウエアによるゲスト・ベースとプロキシ・ベースという2つの方法の概要と構成について紹介する(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 大企業でも小規模な企業でも、IT運用の効率とコストパフォーマンスを高めるために使用され、またあらゆる規模のデータセンターで採用されているVMwareソフトウェア。

 ただ、仮想化環境のバックアップやデータ保護に対する取り組みは十分になされていないのが実状である。この状況への対応として、EMC NetWorkerはVMware環境向けに設計されたデータ保護ソリューションを組み込んだ。

 本ホワイトペーパーでは、EMC NetWorkerを使ってVMware環境向けのバックアップ

ソリューションを設計する際の、ヒントとベストプラクティスを紹介する。また、NetWorker7.5を使ってゲスト・ベースとプロキシ・ベースのバックアップを行い、仮想マシンを保護する方法を明らかにする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -