ニュース
» 2010年03月03日 18時00分 UPDATE

Cisco、モバイル環境での業務を保護する新アーキテクチャ発表

米Ciscoは、企業ユーザーが場所やデバイスを問わずデータへ安全にアクセスできるようにするための新アーキテクチャ「Cisco Secure Borderless Architecture」を発表した。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは3月2日、企業ユーザーが場所やデバイスを問わずデータへ安全にアクセスできるようにするための新アーキテクチャ「Cisco Secure Borderless Architecture」を発表した。「エンドポイント」「インターネットエッジ」「データセンター」「コンテキストおよびロケーション認識型ポリシー」の4要素からなる。

 同社では新アーキテクチャを実装した第1弾製品として「Cisco AnyConnect セキュア モビリティ」「Cisco TrustSec 拡張版」を2010年第2四半期にリリースする計画。

 Cisco AnyConnect セキュア モビリティは、クライアント保護とIronPort Sシリーズ Webセキュリティアプライアンス、ファイアウォールの機能を統合したもの。リモートアクセスやWebセキュリティ、脅威対応などの対策をモバイルユーザーへ適用できるようにする。また、同ソリューションを活用したセキュリティサービスや、自社運用とサービスを組み合わせられるハイブリットモデルも展開する。

 また、Cisco TrustSecではネットワークアクセス制御の「Cisco Network Admission Control」と、IDアクセス管理の「Cisco Identity-Based Networking Services」などを追加する。802.1Xを利用したデバイス調査やゲストアクセスへの対策、エンドツーエンドの監視およびトラブルシューティングなど機能を提供し、CatalystやNexusなどのスイッチ向けにも展開するという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -