レビュー
» 2010年03月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:EDIデータ交換パッケージが実現した導入事例とは?

JFT/Server新バージョンがリリース!流通BMSの通信手順対応により全銀やJCAのレガシー手順から次世代手順までの一元管理が可能となる。プラットホームやVMWareなど環境面も強化している(提供:ビック東海)。

[PR/ITmedia]

 JFT/Serverは、データ交換を安全かつ確実に実現するEDIデータ交換ミドルウェアパッケージである。

 レストランチェーンのすかいらーく様や商社の伊藤忠商事 繊維カンパニー様など、様々な業種で実績を残している。また、メーカーと卸売業社間の受発注データの交換サービスや加盟店とカード会社間のカード決済データの交換サービスなど、大規模かつミッションクリティカルなサービス型ビジネスにおいても多数ご採用頂いている。

 各種手順による通信・管理機能に加え、新モデル「JFT/Server WARP」では、インフォテリア社「ASTERIA WARP」を採用することで強力なシステム連携機能を追加し、企業間とのデータ交換(EDI)〜企業内のシステム間とのデータ連携(EAI)をワンストップでソリューション提供することが可能となる。

 当ホワイトペーパーでは、事例を交えた具体例を御紹介したいと思う。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -