ニュース
» 2010年03月08日 13時03分 UPDATE

ネティーザとSAP共同のBIアプライアンス 1980万円で

CTC、日本ネティーザ、SAPジャパンは3月8日、導入後にデータを即時分析できるビジネスインテリジェンスのアプライアンス製品を発表した。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本ネティーザ、SAPジャパンは3月8日、導入後にデータを即時分析できるビジネスインテリジェンス(BI)のアプライアンス製品を発表した。同日より伊藤忠テクノソリューションズが販売する。

 新たに提供するアプライアンス製品の名称は「C-BIA(CTC Business Intelligence Appliance)」。Netezzaのデータウェアハウスに格納したデータを、SAPのビジネスインテリジェンスによるレポーティング機能などを使って分析できる。

 アプライアンス製品のため、導入後すぐに分析業務を開始できるのが特徴。導入から利用者の教育までに必要なコストや期間を、平均的なデータウェアハウス/ビジネスインテリジェンスと比べて20〜30%減らせるとしている。

Netezza TwinFin Netezza TwinFin(出典:日本ネティーザ)

 C-BIAは、日本ネティーザのデータウェアハウス アプライアンスサーバ「Netezza TwinFin」および「Netezza Skimmer」、SAPジャパンのビジネスインテリジェンスソフトウェア「SAP BusinessObjects BI Solutions」を組み合わせた製品。

 中小規模のシステムを持つ企業を対象に、1980万円(税抜き)で提供する。最小構成は「SAP Business Object Edge Standard」ライセンス(5CAL)、Netezza Skimmer 小型モデル1台、「HP ProLiant DL360G6」1台。

 伊藤忠テクノソリューションズが販売とサポート業務を担当。初年度10億円の売り上げを目指す。またNetezzaとSAP Business Objectsの保守サポートの窓口を一元化し、保守における煩雑さや切り分け作業の手間を減らしていく。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -