レビュー
» 2010年03月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:拡大する外部ストレージやブレードサーバを支える電源管理手法「1システム1UPS」

外部ストレージの拡大に伴い電源管理が複雑化し、ブレードサーバの普及により、より長時間の電源バックアップやシャットダウン時間が求められている。そうした環境における最適な電源保護ソリューションを紹介する(提供:エーピーシー・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 サーバの統合や仮想化の進展による外部ストレージの利用環境では、従来に比べ電源対策が複雑化する。従来型のIT機器1台にUPS1台を設置する場合には、システムを安全に停止するためにはサーバ、ストレージ、ネットワークの順での停止(復旧時には逆の手順)を手動操作などで行う必要があり、管理費および人的ミスが高くなる。

 またブレードサーバの普及に伴い、単一システム上でさまざまなアプリケーションを稼働するITシステムが増えている。システムを停止させずに継続運用させるための中容量かつ長時間の電源バックアップ、さらには多数のアプリケーションを停止させるための従来よりも長いシャットダウン時間が求められている。

 このような環境において、サーバ、ストレージ、ネットワークの1つで構成されたITシステムの電源管理を1台のUPSで管理する新しい電源管理手法を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ