ニュース
» 2010年03月25日 12時36分 UPDATE

日本ベリサイン、なりすましや不正利用を防ぐ認証サービスを提供

日本ベリサインは、第三者によるなりすましや不正利用を防ぐための認証サービスを始めた。

[ITmedia]

 日本ベリサインは3月25日、オンラインバンキングやECサービスなどで、なりすましや不正利用を防止するためのオンライン詐欺検出サービス「ベリサイン アイデンティティ プロテクション オンライン詐欺検出サービスHosted」を始めた。

 新サービスは、オンライン経由でサービスやシステムにアクセスするユーザーが本人であるかどうかを、通常時の行動パターンに照らして分析する「リスクベース認証」を提供するもの。正規ユーザーの行動パターンを登録しておき、時間帯やアクセス場所などが登録パターンと異なる場合に、追加認証を実施したり、アクセスを拒否したりといった対応ができるようになる。

 リスクベース認証のためのシステム製品は自社運用型が主流だったが、同サービスでは日本ベリサインのデータセンターで運用されるため、企業は少ないコストでこのシステムを利用できるとしている。

関連キーワード

ベリサイン | 認証 | 不正利用 | なりすまし


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ