ニュース
» 2010年03月26日 17時23分 UPDATE

IBMとSimmtronics、Lotus Symphony搭載の190ドルNetbook発表

IBMとPCメーカーのSimmtronicsが、企業向けデスクトップスイート「IBM Client for Smart Work」を搭載した安価なNetbookをクラウドコンピューティングのクライアントとして新興国向けに提供する。

[ITmedia]

 米IBMは3月25日、英CanonicalおよびインドのSimmtronics Semiconductorsとともに、クラウド利用向けのNetbook「Simmbook」を新興国向けに190ドルで発売すると発表した。

Simmbook Simmbook

 Simmbookは、Intel Atom N270搭載でメモリ1Gバイト、HDDは160GバイトのNetbookで、IEEE 802.11 b/gをサポートする。英CanonicalのLinuxディストリビューション「Ubuntu」をベースとした企業向けデスクトップスイート「IBM Client for Smart Work」がプリインストールされており、IBMのクラウドサービスLotusLiveに接続できる。

 IBMは、同製品はWindows搭載の同レベルのPCの半額程度で、使いやすく、安全なモバイルコンピューティング環境を提供できるとしている。

 まずは南アフリカで発売し、インド、タイ、ベトナムでも販売する計画だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -