ニュース
» 2010年03月26日 18時26分 UPDATE

ストラタス、VMware vSphere 4対応のftServer最新モデルを発売

日本ストラタステクノロジーは、無停止型サーバ「ftServer」の最新機種となる「ftServer 4500」「ftServer 6300」を発売した。ヴイエムウェアの「VMware vSphere 4」に対応したのが特徴。

[ITmedia]

 日本ストラタステクノロジーは、無停止型サーバ「ftServer」の最新機種となる「ftServer 4500」「ftServer 6300」を発売した。ヴイエムウェアの「VMware vSphere 4」の6エディション(Essentials、Essentials Plus、Standard、Advanced、Enterprise、Enterprise Plus)に対応し、高可用性を備えたクラウド環境インフラとして拡販を図る。

 最新モデルでは、メモリを最大96Gバイト、内蔵HDDを最大3.5Tバイト搭載可能で、両モデルの違いはCPU。ftServer 4500がXeon X5504、同6300がXeon X5570を搭載する。同社では、従来のVMware対応機種と比較して約2.1倍の性能向上が計測されたとしている。

 ゲストOSは、Windows Server 2008 SP2(64ビット版)およびダウングレードしたWindows 2003 SP2(32ビット版)、Red Hat Enterprise Linux 5について、同社からライセンスの購入が可能。これらのOSについては同社が一時保守も請け負う。

 処理速度の向上に対し、価格は従来機種と比べて最大190万円程度値下げされており、保守サービス価格も旧価格の最大15%値下げされた。最も安価なモデル(ftServer 4500/VMware vSphere 4 Essentials)で263万8000円から。

関連キーワード

ftサーバ | Stratus Technologies | VMware vSphere




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -