ニュース
» 2010年03月29日 17時58分 UPDATE

ソニックウォール、スパム対策を強化するファームウェア公開

ソニックウォールは、メールセキュリティアプライアンス用ファームウェアの最新版をリリースした。

[ITmedia]

 ソニックウォールは3月29日、メールセキュリティアプライアンス製品のファームウェアの最新版「SonicWALL Email Security 7.2」をリリースした。

 同バージョンでは、IPレピュテーションの更新頻度を通常の「Real Time Block List」の12〜288倍に高めたことで、新手のスパムを迅速に検知できるようにした。また、100万通のメール検索に要する時間を1秒以下にしたことで、大量のメールの中から目的のメールをすぐに検索できるようにしたという。

 既存ユーザーは、同社サイトから入手できるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -