ニュース
» 2010年03月30日 18時23分 UPDATE

ソニー、ERPと連携する放送業界向けのビジネスプロセスソリューションを展開へ

ソニーは放送局や映像制作企業向けに、ERPシステムと連携する「メディアバックボーン」ソリューションを提供する。

[ITmedia]

 ソニーは3月30日、ERPシステムと連携する放送業界向けのシステムソリューション「メディアバックボーン」を発表した。放送局や映像制作会社を対象に世界で展開するという。

 メディアバックボーンは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を採用し、放送業界特有のワークフローとERPシステムを連動できるようにするもの。ソフトウェアやハードウェア、サービス、コンサルティング、システム構築、サポートで構成される。

 「メディアバックボーンコンダクター」というソフトウェア群をプラットフォームにしたネットワークを構成し、同社の映像制作・配信システム製品と、業務アプリケーション製品を接続する。業務アプリケーションや製品とメディアバックボーンコネクターの接続には、Software AGのビジネスプロセス管理ソフト「webMethods」を採用した。

md01.jpg メディアバックボーンの構成イメージ

 放送局や映像制作会社では、商用の映像コンテンツを制作するワークフローとして、「素材の取り込み」→「編集」→「送出」→「配信」→「保存」のフローを構築している。ソニーでは、これまでこのワークフローに沿ってカメラ機器やVTR、編集、アーカイブといった各種システムの連携を進めてきたが、メディアバックボーンを組み込むことで、導入企業では映像制作部門と経理や人事、経営管理の一般業務部門との間でワークフローを一元化できるとしている。

 これにより、例えば映像制作会社では放送局からテレビ番組用の映像制作を受託して、実際に制作し、納品までのプロセスを可視化でき、納品すると同時に売り上げデータを財務システムに登録するといった効率化が図られる。

md02.jpg 映像制作システムの稼働監視のイメージ

 メディアバックボーンではこのほか、担当者ごとの業務管理や映像制作システムの運用管理もできるとしている。ソニーでは特に日米欧の放送局やプロダクションでも導入を見込んでいる。

 B2Bソリューション事業本部システム企画部の阿部惠子統括課長は、「欧米ではSAPやOracleのシステムと連携させたいという声が既にあり、ITを活用して放送業界の業務効率化を支援していく」と話した。

関連キーワード

ソニー | ERP | ワークフロー | Software AG | 業務効率


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ