ニュース
» 2010年04月22日 07時55分 UPDATE

Google Chromeの更新版がリリース

7件の脆弱性が存在し、うち4件が「高リスク」に分類されている。

[ITmedia]

 米GoogleはWindows向けのブラウザ更新版となる「Google Chrome 4.1.249.1059」をリリースし、複数の脆弱性に対処した。

 今回のリリースでは7件の脆弱性を修正した。このうち4件が「高リスク」に分類されている。US-CERTによれば、これらの脆弱性が悪用された場合、任意のコードを実行される恐れがあり、クロスサイトスクリプティング攻撃を仕掛けられたり、クロスサイトリクエストフォージェリ攻撃を仕掛けられたりする恐れがあるという。

関連キーワード

Google Chrome | 脆弱性 | セキュリティ


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -