ニュース
» 2010年04月27日 15時02分 公開

Microsoft、ERPとCRMの連係とアップデートを発表

「Microsoft Dynamics GP」と「Microsoft CRM」との連係により、エンドツーエンドのビジネスプロセスツールを中堅・中小企業ユーザーに提供する。

[Nicholas Kolakowski,eWEEK]
eWEEK

 米Microsoftはアトランタで開催の「Convergence 2010」カンファレンスの初日、中堅企業向けのERPプラットフォーム「Microsoft Dynamics GP」とエンタープライズ管理用プラットフォーム「Microsoft Dynamics CRM」を連係し、両システムのビジネスインテリジェンス(BI)ツールとプロダクティビティツールを結び付けると発表した。さらに「Microsoft Dynamics CRM Online」を5月にアップデートし、同サービスを世界32の国・地域で利用可能にすることを明らかにした。

 あるアナリストによると、今回発表されたプラットフォームの連係とツールのアップデートは、SMB(中堅・中小企業)市場での競争力強化を狙ったものだという。

 「今回の取り組みは、ミッドマーケットへの進出を拡大し、Epicor、Exact、Sageといったライバルからシェアを奪うことが優先課題となっていることを示すものだ」――Altimeter Groupのエンタープライズ戦略アナリスト、R・レイ・ワン氏は、「A Software Insider's Point of View」ブログの4月24日付の記事でそう指摘する。「特に重要なポイントは、Microsoft Dynamics GPとMicrosoft CRMとの連係により、SMBの管理に不可欠なエンドツーエンドのビジネスプロセスツールのフルセットがユーザーに提供されることだ」

 Microsoft Dynamics CRM Onlineの5月のアップデートでは、対応言語が追加されるほか、「Event Management」や「Partner Relationship Management」などのポータルアクセラレータ、ならびにSDK(ソフトウェア開発キット)などの開発者向けツールが提供される。

 Microsoftのビジネス部門社長、スティーブン・エロップ氏は4月25日付の発表資料で「Microsoftの競争力を高める真の差別化要因は、一貫性のある世界水準のユーザーエクスペリエンス、そして当社の各ソリューション間での洗練された相互運用性だ」と述べている。「Microsoft Dynamics ERPとCRMの次期リリースでは、この方針に基づき、効果的に連係し、かつ既存のIT投資を活用できるソリューションを提供する」

 Microsoftは4月20日、中堅企業向けのERPプラットフォーム「Microsoft Dynamics GP 2010」を発表した。このプラットフォームにはBIレポーティングツールが含まれる。Microsoft Office Unified Communicationsなどのソフトウェアとの相互運用性も実現している。また同プラットフォームは、日常的なワークフローの承認プロセスを効率化するという。例えば、倉庫管理担当者が在庫不足を検出すれば、マウスを数クリックするだけで在庫を補充できるといった具合だ。

 Microsoft Dynamics GP 2010は、350種類のWebサービスとも連係している。同製品は5月1日から一般向けにリリースされる。Microsoftでは普及を促すために、Microsoft Dynamics GPの顧客にはMicrosoft Dynamics CRM Onlineのライセンスを1ユーザー当たり月額19ドルで提供する(通常料金は月額44ドル)。

 Microsoftでは、自社のオンラインCRM製品を、Salesforce.comなどが提供するクラウドベースの競合製品に対抗するものとして位置付けており、企業がソーシャルネットワークやWebコミュニケーションチャネルから情報を収集するのに役立つアドオンやアクセラレータを提供する。Oracleなどのライバル企業もBI製品や管理プラットフォーム製品の拡充を図っている。特にOracleでは、製品リリースサイクルの短縮化を進めている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -