ニュース
» 2010年04月28日 12時46分 UPDATE

Pandaとビープラッツ、企業向けに月額課金のウイルス対策サービスを提供

Panda Securityのウイルス対策ソフトをビープラッツのSaaSストアなどで提供する。

[ITmedia]

 スペインのセキュリティ企業Panda Securityの日本法人PS Japanとビープラッツは、このほどSaaS型の企業向けウイルス対策サービス「Panda Cloud Office Protection 月額課金型」を開始した。PCやファイルサーバでの利用に対応する。

 Panda Cloud Office Protectionは、Panda Securityのデータセンターにインターネット経由で接続してウイルススキャンを行うもの。コンピュータのローカル上に定義ファイルをダウンロードする必要がなく、最新の脅威をいち早く検出できるという。

 新サービスは、Panda Cloud Office ProtectionとビープラッツのSaaS基盤「SaaSplats」を組み合わせて提供する。利用料金は1台当たり月額263円で、最低利用台数は5台以上。ビープラッツやダイワボウ情報システム、ネットワールドなどが販売する。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -