ニュース
» 2010年04月28日 17時32分 UPDATE

マカフィー、SaaS型メールセキュリティサービスに参入

セキュリティ専業のマカフィーは、競合の多い市場で新たなサービスモデルを成功につなげられるだろうか。

[國谷武史,ITmedia]

 マカフィーは4月28日、SaaSモデルで提供するセキュリティサービスにメールセキュリティの「SaaS Email Protection」を追加すると発表した。提供開始日などの詳細は未定。

 SaaSについて同社は、IT業界で広く知られている「Software as a Service」ではなく、「Security as a Service」と定義している。米McAfeeでこの事業の総責任者を務めるマーク・オルセン上級副社長兼ゼネラルマネジャーによれば、セキュリティ対策の機能をサービス化するものだという。

 既に同社は、PCやサーバ向けにマルウェア対策やWebセキュリティなどの機能をSaaSモデルで提供している。全世界で約57万社以上、500万人の利用者がおり、国内でも90万人が利用する。今回表明したメールセキュリティは、企業あてに送信されるスパムやマルウェア関連の不正メールを遮断する。また、企業から外部に送信されるメールに許可されていない機密情報が含まれている場合も遮断する。企業外からの脅威と企業内の脅威の双方に対応できるのが特徴だ。

 オルセン氏によれば、ユーザー企業はSaaSモデルの対策と自社運用の対策を組み合わせて利用できるという。すべての業務環境を自社運用の対策で保護するにはコストが高いという課題を抱えている場合、SaaSモデルの対策を部分的に導入すれば総コストを抑制できる。また、マカフィー製品に統一することで運用管理の負担が軽減する効果も見込まれる。

 国内では、シマンテック傘下のメッセージラボ ジャパンやセンドメールといったITベンダーがSaaSモデルのメールセキュリティサービスを提供している。これらベンダーの製品を利用して法人向けセキュリティサービスを展開するインターネットサービスプロバイダーもある。

 多数の企業がメールセキュリティサービスを既に導入しているとみられ、セキュリティ専業大手のマカフィーが新サービスを成功につなげられるか今後に注目したい。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -