ニュース
» 2010年05月18日 14時10分 UPDATE

Oracle、「MySQL Enterprise」の最新版をリリース

Sun買収後、Oracleによる初のMySQL Enterpriseリリースになる。

[ITmedia]

 米Oracleは5月17日(現地時間)、サブスクリプション型商用データベースサービスの最新版「MySQL Enterprise Spring 2010 Release」をリリースしたと発表した。価格は従来と変わらず599〜4999ドル。OracleによるSun買収完了後、初のMySQL Enterpriseのリリースになる。

 新版ではMySQLサーバの統合監視ツール「MySQL Enterprise Monitor」のバージョンが2.2になり、柔軟性、操作性、スケーラビリティが向上したという。クエリのパフォーマンスを監視するための新たなオプションとして、Query Analyzerと通信するコネクタプラグインの追加やQuery Analyzerの検索オプション機能の拡張が行われたほか、セキュリティや操作性も向上した。

 また、クエリの診断を収集してレポートにまとめる機能が追加され、MySQLサポートでの問題解決の短縮化が可能になったとしている。

 OracleのSun買収を受けて、オープンソースコミュニティーには同社がMySQLのサポートを続けるのかどうか、オープンソースの精神を尊重するかどうかという懸念が広まっている。Oracleは買収発表当時からMySQLへの投資継続を表明しており、4月に開催された「MySQL Conference&Expo」でもMySQLへのコミットを再度強調し、「MySQL 5.5」開発の計画を発表した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -