ニュース
» 2010年06月02日 12時15分 UPDATE

HP、データセンター事業合理化で9000人削減

HPは、10億ドルを投じて旧EDSが属するエンタープライズサービス部門を強化し、9000人を削減する一方、顧客のグローバルなニーズに対応するため販売部門などで6000人を採用する計画だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)は6月1日(現地時間)、エンタープライズサービス部門の再編に約10億ドルを投資すると発表した。これに伴い、向こう数年間で同部門の約9000人を削減する。

 エンタープライズサービス部門は、HPが2008年に買収したEDSを統合した企業向けサービス部門。同部門が運営する顧客向けデータセンター、管理プラットフォーム、ネットワーク、ツールを自動化・標準化することで顧客へのサービスを向上させるとともに、2013年末までに年間5億〜7億ドルのコスト削減が見込めるとしている。

 この発表に関する電話会見で同社は、販売部門および顧客のグローバルなサービス利用をサポートする「グローバルデリバリーセンター」で最大6000人を採用する計画を発表した。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ