レビュー
» 2010年06月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化の真のメリットを享受するための運用管理術

複雑化する仮想化環境の運用管理を効率化! さらに仮想化の真のメリットである「リソースの最適化」までを実現する発想とツールを紹介する(提供:日本電気)。

[PR/ITmedia]

 仮想化技術の積極的な活用が広がっている。

 一方、仮想化環境はシステム構成要素が増加し、構成の把握が困難である、管理レベルの低下が懸念される等の運用管理における課題を抱える企業も増加している。

 本資料では、仮想化技術の適用によるサーバ集約の効果にとどまらす、仮想化環境におけるインフラの「動的」組み換えと、作業プロセスの自動化により仮想化環境の適用がもたらすメリットを最大化する“発想”と“ツール”を提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -