ニュース
» 2010年06月03日 15時16分 UPDATE

Mozilla Labs、ストリーム集積/公開プラットフォーム「sudoSocial」を発表

Mozilla Labsは、あらゆるコンテンツのストリームを扱うプラットフォーム「sudoSocial」を発表した。ユーザーが自分のデータを一元的に管理できることを目的にしているという。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Mozilla Labsは6月1日、ストリーム集積/公開プラットフォーム開発プロジェクト「sudoSocial」を発表した。ユーザーが自分のプロフィールページでブログやSNS、写真共有サービスなどの更新情報などを管理できるツールを目指すという。

 sudoSocialは、Linuxコマンドの「sudo」(一般ユーザーが一時的に管理者権限でコマンドやプログラムを実行できる)に着想を得たもので、Mozilla Labs Concept Seriesの実験プロジェクトとして開発が進められる。自分のホームページやブログなどで、Flickrに代表される写真共有サービスやDeliciousなどのソーシャルブックマークサービス、Twitterなどのマイクロブログサービスといったリアルタイムで更新されるコンテンツのRSSやAtomフィード、URLを集積して時系列で表示できる。ユーザーが自分のデータを管理できることを目的とし、最終的には、あらゆるコンテンツのストリームを管理できるストリーム編集・公開プラットフォームを目指す。

 現在、OpenIDアカウントを利用してサイトにログオンすると、ストリームソースの管理や編集が行える「Stream Editor」などのベーシックな機能を利用できる。CSS、JavaScript、グラフィックに適したJavaScriptライブラリのProcessing.jsを使ったデザインや編集も可能。ただし、まだ早期段階であり、バグが多いと開発者は警告している。

関連キーワード

Mozilla | JavaScript | 次世代


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -