レビュー
» 2010年06月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【実務用チェックリスト】システム担当向け「暗号の2010年問題」対応ガイド

昨今話題の暗号アルゴリズムにおける「2010年問題」とは一体何か?実務現場ですぐに使える2010年問題に関する「サーバ管理者のためのチェックリスト」を元に、システム担当が2010年問題に対して【何を】・【いつまでに】行えばよいか具体的に解説(提供:日本ベリサイン)。

[PR/ITmedia]

SSL/TLSは、情報を暗号化するための通信方法としてインターネット上で最も利用される方法の一つだが、コンピュータの性能向上および暗号解読技術の進歩により、徐々に安全性の低下が避けられない。

この2010年には、将来的な安全性低下に対処する目的でSSL/TLSの仕様変更が行われるが、それに関してシステムやネットワーク管理者が実務レベルで参照できる情報は少ない。

本資料は、ベリサイン製品の利用者のみが参加可能な「暗号2010年問題に関する説明会」での説明資料をベースに、情報システムやサーバ/ネットワーク担当者が確実に押さえておくべき「2010年問題への対処法」を具体的に解説している。

実務ですぐに活用できる「サーバ管理者向けのチェックリスト10項目」に沿った具体的なアクションも記載されているので、早速参考にしてほしい。

▲※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -