レビュー
» 2010年06月22日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:徹底比較! クライアント仮想化技術 〜低イニシャルコストで運用管理コストを大幅削減できる技術とは?

注目が高まるクライアント仮想化技術には、いくつかのソリューションがある。それぞれのソリューションの技術的な特長、利点、弱点を解説し、比較することで、ユーザの業種や利用シーン別に最適なソリューションを探る(提供:マクニカネットワークス)。

[PR/ITmedia]

 仮想化は、企業のデータセンターコストを大幅に削減した。現在この動きがクライアントに移行しつつある。しかしながら、既存のクライアント仮想化ソリューションによる展開は、パフォーマンスの低さ、設置管理の困難さ、大きな初期投資コスト、OSライセンスの煩雑さがネックになり、導入の足かせとなっている。

 本ホワイトペーパーでは、主なクライアント仮想化技術として、

  • シンクライアントVDI
  • クライアント ハイパーバイザー
  • SSL-VPNのオプションなど、その他の仮想化技術
  • デスクトップのみの仮想化

の4つを取り上げ、まずはそれぞれのソリューションの技術的特長、利点、弱点を解説。次に、各ソリューションを比較・分析することで、ユーザの業種や利用シーンごとに最適なソリューションを探る。

 また、クライアント仮想化の新しいカテゴリーであるデスクトップ仮想化の製品である米国RingCube社のvDeskをピックアップし、技術を詳細に解説する。

▲※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -