ニュース
» 2010年06月29日 17時52分 UPDATE

シマンテック、セキュリティとバックアップをセットした中堅・中小企業向け施策を発表

シマンテックは、100〜499人規模の企業向け製品の発売と、100人未満の企業向け製品の価格改定を実施する。

[國谷武史,ITmedia]

 シマンテックは6月29日、従業員数500人未満の中堅・中小企業を対象とした製品施策を発表した。100〜499人規模の企業向けの新製品を7月5日に発売するとともに、100人未満の企業向け製品の価格改定を実施する。

 7月に発売する新製品の「Symantec Protection Suite Advanced Business Edition」は、クライアント向けセキュリティ対策製品とメールセキュリティ製品、バックアップ/リカバリ製品をパッケージ化したもの。構成製品は、「Symantec Endpoint Protection」「Symantec Brightmail Gateway Virtual Edition」「Symantec Backup Exec System Recovery Server Edition/Desktop Edition」となる。

 購入ライセンス数に応じて割引される価格体系を採用している。300ライセンスを新規導入する場合は276万円、他社製品およびSymantecの既存製品から移行する場合は153万円(いずれも税別、初年度保守料などを含む)。購入50ライセンスごとにBackup Exec System Recoveryの1ライセンスを無償で提供するという。構成製品を個別に購入した場合は、合計で602万2800円となる。

symantec00.jpg Symantec Protection Suite Advanced Business Editionの価格イメージ

 また、同製品では統合管理コンソール機能の「Symantec Protection Center」も提供する。各クライアントのセキュリティ対策状況などの確認や設定をWebブラウザ上で行える。情報漏えい対策製品やゲートウェイ型スパム対策製品などの一元管理もでき、1000人規模のシステム環境で使用に耐えるという。

 100人未満の企業向け製品「Symantec Protection Suite Small Business Edition」は、2009年8月に発表したもの。新価格は従来価格に比べて最大で半額になる。30ライセンスを新規導入する場合は19万8000円、他社製品から移行する場合は12万円、導入2年目以降の更新料は年間9万9000円となる。

symantec01.jpg Symantec Protection Suiteの製品概要。Small BusinessとEnterpriseは2009年8月に発売している

 これらの施策を実施する狙いについてプロダクトマーケティングの広瀬努氏は、「中堅・中小企業で重要情報を適切に保護したいというニーズが高まっているが、コストや人的リソースの制約から実現できていない。情報保護に必要な製品を組み合わせ、安価に提供することで、セキュリティ対策の強化を支援したい」と説明した。

symantec03.jpg 広瀬氏

 同社は5〜6月に28カ国の中小企業2152社を対象に、セキュリティに関するヒアリング調査を電話で実施した。アジア太平洋地域の8カ国1000社(日本は100社)の回答では、73%が過去1年にサイバー攻撃を経験したと回答した。具体的な被害は、44%がダウンタイムの発生、27%が顧客情報や社員情報、財務情報の盗難を挙げていた。23%はサイバー攻撃が増えたと答えた。

 広瀬氏によれば、企業の重要情報が狙われる脅威が拡大し、ウイルス対策ソフトだけでは脅威を防ぐのが難しいという。マルウェアに感染して駆除ができない場合は、購入時の状態にするかバックアップしたデータをリカバリする必要がある。同氏はリカバリ/バックアップソフトを導入していない中小企業が多いとしており、今回の施策でセキュリティ対策とシステムを復旧する包括的な手段を提供できるようになるという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -