レビュー
» 2010年07月01日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ネットワーク可視化のためのトラフィックモニタリング技術概論

御社でお使いのトラフィックモニタリングデータは本当に正確ですか?専用ハードに固定された柔軟性に欠けるモニタリング技術で、トラフィックの増加に対応できますか? 本資料では、現在一般的に利用されているモニタリング技術の概要と問題点、ソリューションを解説します(提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ)。

[PR/ITmedia]

 あらゆるビジネス・アプリケーションがネットワークを介して提供されている今日、ネットワークの使用状況を監視して障害の発生を防ぐことはもちろん、帯域の状況やトラフィックの使用率パターンなどの分析によりネットワーク全体の信頼性を向上することが、ビジネスの継続性やSLAの観点でこれまで以上に重要になってきています。

 また、ネットワークトラフィックが加速度的に増加していく中、モニタリング技術にはこれまで以上の正確性、拡張性、柔軟性、性能、操作性、即時性が求められてきます。

 本ホワイトペーパーでは、代表的なネットワークのトラフィックモニタリング技術である「sFlow」と他の一般的なトラフィックモニタリング技術とを比較しながら、標準に準拠し、柔軟性に優れたsFlowの特徴と機能を解説し、広範な活用事例をソリューションとしてご紹介します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -