ニュース
» 2010年07月01日 17時46分 UPDATE

「Google News」がデザイン変更 パーソナライズ機能を強化

ユーザーの興味に合わせたニュースを表示する「News for you」コーナーやTwitterの「トレンド」のようなキーワードリストが追加されたほか、数クリックでTop StoriesのニュースをTwitterやFacebookに投稿できるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月30日(現地時間)、ニュースアグリゲータサービス「Google News」のデザインを変更したと発表した。よりパーソナライズできるようになったほか、共有機能も強化した。まずは米国内の英語版から新デザインを反映させ、向こう数カ月でほかの言語、地域に拡大していく計画だ。

 大きな変更として、中央の「Top Stories(日本では「トップニュース」)」の枠に新たに「News for you」というパーソナライズニュースのコーナーが追加された。ここにはユーザーの興味に合わせたニュースの見出しが自動的に表示される。表示するニュースは、それまでのユーザーのニュース閲覧履歴と、ユーザーが「Edit personalization」で設定した興味の高さに基づいてGoogleが選択する。Edit personalizationでは、「ビジネス」「健康」「エンターテインメント」「スポーツ」などのカテゴリごとに興味の高さを3段階で設定できるほか、「Google Android」といったキーワードを自由に追加することもできる。ここでの設定は、画面左側のカテゴリリストに反映される。

Google News 1 Google News(上が従来版、下が新版)

 さらに細かくパーソナライズしたいユーザーのために、「Settings」に新たに「News Settings」機能を追加した。ニュースソースとして重点を置きたいパブリッシャーや逆に参照したくないパブリッシャーを指定できる。

Google News 2

 従来は固定されていた左側のカテゴリリストも変更された。ユーザーのカスタマイズ結果が反映されるほか、Twitterの「トレンド」のように、リアルタイムで話題になっているキーワードが10語、Top Storiesの下に表示される。右側の枠には最新ニュース、ユーザーの位置情報に基づいたローカルニュースと天気予報、「Spotlight」という、長く注目を集めている記事のリストが表示されるようになった。

 また、Top Storiesの記事の右上に☆と並んで共有先を選択するリンクが追加された。プルダウンメニューから共有先として、メール、Google Reader、Facebook、Twitter、Google Buzzのいずれかを選択できる。クリックするとGoogleプロフィールで関連づけている各サービスの投稿画面に飛ぶ。

Google News 3

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -