レビュー
» 2010年07月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:日本企業を取り巻くIFRSの現況とその対応

国内におけるIFRS適用が上場企業のみならず、中堅企業・中規模組織(関連グループ会社等)から中小企業まで広がりつつある。「IFRS for SMEs」が登場するいま、経理財務部門だけでなくIT部門も考えるべきIFRSへのアプローチを探る(提供:マイクロソフト)。

[ITmedia]

 IFRSの適用に関して、会計を中心とする企業システムには次に挙げる3つの主要な要件に対応することが求められる。

1.IFRS 対応財務諸表、そして日本基準対応財務諸表の2種類の財務諸表の表示

2.マネジメントアプローチによるセグメント情報の開示

3.会計方針や見積の変更などに伴う過年度遡及修正

 例えばこれらをERPを活用して解決する場合、必要とされる業務プロセスが標準機能としてあらかじめ搭載されているか、導入工数や開発コストは抑えられるか、豊富な導入実績があるか、などを考慮しなければならない。

 本資料は2009年10月20日、マイクロソフトが開催した国際会計基準 (IFRS)セミナーの開催レポート。「IFRS の全貌」「実務上の課題」「必要とされるシステム要件」の3部構成で解説している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -