ニュース
» 2010年07月06日 17時29分 UPDATE

KDDI、PCのウイルス対策管理を自動化する新サービス

PCのウイルス対策ソフトのアップデートなどを自動的に行うサービスを開始する。

[國谷武史,ITmedia]

 KDDIは、法人向けPC管理サービス「PCリモート管理サービス」の新メニューとして、F-Secureのソリューションを利用したウイルス対策管理サービスを7月12日に開始する。

 同サービスでは、Webやメール、リムーバブルメディアなどのマルウェアのリアルタイムスキャン、振る舞い検知技術を用いた未知の脅威のブロック、パーソナルファイアウォールとIPSをセットにした不正侵入防止、迷惑メール対策、不正なWebサイトへの接続の遮断といった機能を提供する。

 ウイルス定義ファイルやソフトウェアのバージョンアップを全自動で実行するほか、LANで利用している場合にはアップデートされたPCからほかのPCにアップデート内容を配信する。これにより、インターネット回線のトラフィック量を節約できる。管理者向けには、ポリシーの設定や対策状況の集中管理、リモートからのウイルススキャンの実行などができるWebポータルを用意している。

 利用料金はPC1台当たり月額420円(税別)。利用開始月は無料で、最低利用期間は3カ月としている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -