ニュース
» 2010年07月07日 07時53分 UPDATE

McAfee、USB機器メーカーにウイルス対策技術を提供

セキュアなUSB機器を製造する世界のメーカーの3分の2にMcAfeeの技術を提供するという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業の米McAfeeは7月6日、各国のUSB機器メーカーにウイルス対策技術を提供するOEM契約を結んだと発表した。

 McAfeeの技術を採用するのはKingston Digital、MXI、Rocky Mountain Ram、SanDisk、SPYRUS、Hagiwara、Yoggie Security Systemsなどの各社。McAfeeによれば、セキュアなUSB機器を製造する世界のメーカーの3分の2を占めるという。

 手軽に情報を保存できるリムーバブルUSBメディアは企業や個人の間で普及しているが、ウイルスやワームなどの悪質コードがシステムに侵入する原因となったり、情報流出につながったりすることもある。

 こうした状況に対応するため、McAfeeのウイルス対策技術をOEMパートナーの製品と組み合わせて包括的な防御層を提供、情報の流出を防ぎ、マルウェアの拡散を防ぐとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -