ニュース
» 2010年07月15日 15時13分 UPDATE

Erlangで実装された非SQLデータベース「Apache CouchDB 1.0」リリース

Erlangで実装されたドキュメント指向の分散DBMS「Apache CouchDB 1.0」がリリースされた。半構造データを無理やりRDBに入れることに疑問を持っている方にお勧めしたい。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 非営利団体Apache Software Foundation(ASF)のApache CouchDB開発グループは7月14日、初の正式版となる「Apache CouchDB 1.0」を発表した。プロジェクトのWebサイトから入手できる。

 CouchDBは、並列指向関数型言語「Erlang」で実装されたドキュメント指向の非リレーショナルデータベース。信頼性、拡張性、容易さを特徴とし、SQLではないデータベースの総称「NoSQL」トレンドのけん引役ともいえる存在となっている。RESTfulなJPON APIが提供されており、JavaScriptを使ってMapReduce的なクエリやインデックス操作が行える。

 バージョン1.0は速度、Windows対応などが強化点となる。速度では、pread_iolist()の実装を高速化し、同時読み込みの性能を改善した。CouchDBプロジェクトに出資する米Couchioによると、大型ドキュメントでは最大300倍高速になったという。

 新しい認証システムにより、ユーザーモデルを作成することなくCouchDBアプリケーションを作成できるようになった。レプリケーションの柔軟性を強化し、レプリケーションを土台にカスタムシステムを構築できるという。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -