ニュース
» 2010年07月15日 17時40分 UPDATE

IBM、AIX 7のオープンβプログラムを提供開始

IBMがUNIX OS「IBM AIX 7」のβ版を公開した。POWER7上ではAIX 6の4倍のワークロードをサポートする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは7月14日(現地時間)、UNIX OS「IBM AIX」の次期版「AIX 7」のオープンβプログラムを開始したと発表した。独立系ISVや「IBM System p」サーバのユーザーは、同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 AIX 7のβ版は、POWER4、PPC970、POWER5、POWER6、POWER7を搭載するシステムで稼働する。AIXの旧バージョン、5.1、5.2、5.3、6とのバイナリ互換性を備えており、これらのバージョンで作成したアプリケーションは再コンパイルせずにAIX 7上で稼働するという。

 AIX 7では、1つの論理パーティションで最高256コア/1024スレッドのワークロードをサポートする。これはAIX 6の4倍に当たる。また、複数のAIXシステムを管理するクラスタリング機能が組み込まれた。AIX 6からある仮想化技術「ワークロードパーティション」(WPAR)で、AIX 5.2が稼働する論理パーティションをAIX 7のWPARにリストアできるようになった。この機能は、POWER7搭載システムでのみ利用可能。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

IBM(アイ・ビー・エム) | サーバ | UNIX | 仮想化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -