ニュース
» 2010年07月20日 20時00分 UPDATE

EMC、低価格NASを販売開始――B2Dターゲット、仮想化環境のデータストア向け

EMCはIomegaブランドのNAS製品を販売開始する。提供はダイワボウ情報システムから。

[石森将文,ITmedia]

 EMCジャパンは7月20日、エントリークラスのNAS製品「Iomega StorCenter ix12-300r」の販売を開始すると発表した。同製品は、販売パートナーであるダイワボウ情報システムを通じて、同日より提供される。

 同製品は、2Uサイズの19インチラックマウント筺体に、最大12基のHDDを実装できる。1テラバイトのHDDを搭載した最小構成モデルが市場想定価格59万8000円(税別)となり、必要に応じて最大24テラバイトまで容量を拡張できる。NAS用OS「EMC Lifeline」が用意されており、「簡単なオペレーションで設定運用できる」(EMC)という。

 メインの用途はファイルサーバ。あるいは、テープに代わるBackup to Disk(B2D)のターゲットに適する。VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerの認証を得ており、サーバ仮想化環境のデータストアとしても利用できる。

 Iomega StorCenter ix12-300rの仕様や価格はこちら

関連キーワード

EMC | NAS | ダイワボウ情報システム


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -