レビュー
» 2010年08月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:昨今のメールシステム見直しにおける選定基準とは? 〜クラウドvsオンプレミス〜

クラウド型メールサービスへの注目を背景に、いまだ導入に踏み切れない顧客層が存在している。この状況下でオンプレミス型によるメールの社内運用を続行した「九州大学の事例」にはシステム担当者が抱える課題をクリアする一つのヒントが隠されている。(提供:日商エレクトロニクス)

[PR/Business Media 誠]

 一昨年のリーマンショックによりIT投資を控えていた企業が今年はようやく動き出しつつある。

 メールシステムにおいても各企業では全般見直しを検討している動きがあり、拍車をかけているのが昨今キーワードとされている「クラウド/Saas」による「コスト削減」、「導入期間不要」、「拡張投資不要」という点で、先進的なイメージとして注目視されている。

 しかし、一方でクラウド型メールサービスの導入に踏み切れないのは何故なのかという疑問も存在する。おそらく企業が電子メールを基幹アプリケーションの一つとして認識しているため、セキュリティやコンプライアンス上、アウトソーシングすることに懸念を示す傾向にあることが関係している。

 今回掲載している九州大学が導入したMirapoint社のMessage Serverは市場で希少なアプライアンス型メールサーバとして、クラウドに求められる効果である「コスト削減」、「運用管理の容易性」、「安定稼働」を可能にしながら、且つメールの社内運用も持続できる特長がクラウドの導入を懸念する層で再認識されている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ