ニュース
» 2010年08月04日 14時37分 UPDATE

トレンドマイクロ、NASベンダーにウイルス対策を提供

ウイルス対策機能を搭載したNAS製品がベンダー各社から提供されるようになる。

[國谷武史,ITmedia]

 トレンドマイクロは8月4日、NAS製品に組み込むためのウイルス対策ソリューション「Trend Micro NAS Security」の提供を開始した。NASベンダーから同ソリューションを採用した製品が出荷されるようになる。

 同社によると、主に中小規模のオフィスや家庭で利用されるLinuxベースのNASにはソフトウェアのインストールが許可されておらず、ウイルス対策ソフトを利用できないケースが多い。ウイルス対策をしていないNASをファイルサーバなどで利用している場合に、ウイルスに感染したPCからNASを介してネットワーク上のほかのPCに感染が広がるリスクがあるという。

 今回のソリューションで利用できる機能は、ウイルス/スパイウェアの検索、パターンファイルのアップデート、検索ログの管理。ウイルス対策機能があらかじめ搭載されたNASを利用することで、ユーザーは従来のようにNAS用のウイルス対策サーバを別途構築する手間がなくなる。

 ソリューションを組み込んだNAS製品の第一弾は、バッファローから8月中旬に発売される予定。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -