レビュー
» 2010年08月06日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:電子メールの情報漏えい対策最前線! その添付ファイル送信を会社は許可していますか?

電子メールでの情報漏えい事故はいまだ多く、適切な管理・対策を行っていない企業がまだ多く存在することを物語っている。適切な情報漏えい対策とは、どのようなものか? 最前線の誤送信対策事例を紹介する(提供:日立ソフトウェアエンジニアリング)。

[PR/ITmedia]

 企業のブランドイメージ棄損や企業の存続すらも脅かしかねない、情報漏えい事故。その事故原因の2割が電子メールによる誤送信であるといわれている。

 業務コミュニケーションツールとして必要不可欠となった電子メールに対して、企業はうっかりミスによる誤送信から意図的な情報持ち出しに至るまで、さまざまなケースを考慮した情報漏えい対策を行わなくてはならないが、その対策方法は取り扱う情報の機密性や企業の業務特性上、企業毎に異なった形にならざるを得ない。

 本ホワイトペーパーでは、うっかり誤送信から意図的な情報流出に至るまで、さまざまなケースに対応可能な製品である『誤送信抑止ソリューション 留め〜る』と『ContentsGate for Mail』を紹介する。企業が抱える対策課題に対する各製品の機能及び特徴について、実際の導入事例を交えて解説を行い、最後に各製品のメリットを生かした連携ソリューションを提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -