レビュー
» 2010年08月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:データエントリー業務効率化の鍵。「OCRソフト」の決定版

データエントリー業務にいくらコストが掛かっていますか? 特許出願技術を利用してデータエントリー業務のコストを削減。長年OCRソフトを販売し続けているハンモックだからできるデータエントリー業務効率化の決定版「WOCR(ダブルオーシーアール)」をご紹介(提供:ハンモック)。

[PR/ITmedia]

 企業のIT化は、業務の効率化とコスト削減に大きく貢献してきたが、受注データや勤怠データなどの入力業務が減ることはなく、逆にIT化することによって、ERPなどに経営管理のためのデータ入力が増加するといった現象すら起きている。

 従来、データ入力の効率化のため手書き文字用OCRシステムや業務の熟練者による二重入力作業が行われてきたが、間違いがあってはならないデータ入力については、結果が正しいかどうかを目視によるチェックなど二重作業による運用が行われている。その結果、データ入力量が大量になればなるほどコスト(人件費や時間)が掛かってしまっているのが現状である。

 特許出願技術を利用している「WOCR」の最大の特長は、この人手を介した二重チェック運用をなくせることである。特性の異なる2つのOCRエンジンで処理したWOCR結果は非常に信頼性が高いため、今までの二重チェックをする必要がなく、人手を介すのは「確認・修正」が必要な場合のみ。だから無駄な人件費をなくすことができ、コストを大幅に削減することが可能なのである。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -