ニュース
» 2010年08月20日 18時49分 UPDATE

NTTデータ、蓄積したノウハウを生かしBIサービスを体系化

NTTデータは独自の方法論をもとにBIサービスを体系化する。顧客の成熟度に応じてサービスを提供することも特徴だ。

[石森将文,ITmedia]

 NTTデータは8月20日、BI分野において同社が培った方法論や業務別ソリューションを体系化し、体制を強化すると発表した。

 NTTデータではBIの将来的な役割について、業務変革やサービス革新など直接経営に寄与する役割が一般的になると見ており、2013年には約1兆円の市場に拡大すると予測している。このような市場の動きに対応するため、今後「業務別BIソリューション」「独自に開発したメソドロジ」「コンポーネント要素技術」「IT基盤」といった、上流のコンサルティングからシステム開発・運用、BIサービスの定着支援まで、BIに必要なサービスをトータルに提供していく。特に「“独自に開発したメソドロジ”には、これまでのノウハウを結集しており、大きな特徴を有する」(NTTデータ)という。

 今回の体制強化により、2010年度中に人員を約600人にまで増やし、2015年度末までに200億円の売り上げを目指す。

082000-03.jpg 顧客の成熟度に応じてBIを提供する

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

BI | NTTデータ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ