ニュース
» 2010年09月07日 15時46分 UPDATE

Google、ディスコンの「Wave」をオープンソースパッケージとして復活へ

8月に開発中止が発表されたリアルタイムコラボレーションツール「Google Wave」が、スタンドアロンのアプリケーション「Wave in a Box」として復活する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月2日(現地時間)、8月4日に開発中止を発表したコラボレーションツール「Google Wave」のコードを基にしたオープンソースのパッケージ「Wave in a Box」をリリースする計画を発表した。Waveのサーバとクライアントを含むスタンドアロンのアプリケーションになるという。

 同社は既にWaveのコードを20万行公開しているが、次の段階として、より完全なアプリケーションとして具体化させるとしている。

 Wave in a Boxは、現在のGoogle Waveが備えているすべての機能を継承するわけではないが、リアルタイムコラボレーション機能を持ち、ガジェットやロボット、APIをサポートする。ユーザーはこのアプリケーションを使って、自分のハードウェア上でWaveサーバとクライアントを稼働できるという。また、wave.google.comに保存してあるwaveデータをインポートしたり、ほかのWave in a Boxのインスタンスと連携させることもできるようになる見込みだ。

変更履歴:概要文で「Wave in a Box」とすべきところを「Google in a Box」としていました。お詫びして訂正いたします。[2010/09/07 16:30]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -