レビュー
» 2010年09月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:eX5 サーバのリリースによりx86 の市場シェア回復を目指すIBM

2010年3月3日(日本時間)、IBM は、インテルCPU との融合により、パフォーマンスや可用性、拡張性、運用効率性の飛躍的な向上を狙ったIBM 独自開発の次世代x86 サーバのアーキテクチャ“eX5”を発表した(提供:日本アイ・ビー・エム)。

[PR/ITmedia]

 IBM は、要件の厳しいx86 ワークロードを特にターゲットとして、競合他社に先駆けて初のNehalem-EX 搭載システムをリリースした。同社がx86 サーバ・ファミリの成功を確実なものにするためには、技術面以外の優先事項にも注力する必要がある。(Gartner Research)

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ