【事例】物理と仮想を一元管理:「JP1/PFM - Agent for VM」で仮想サーバ上のリソースを監視、BCP強化、シンクライアントの導入も

パイプなどの生産材を取り扱う森定興商は、BCP(事業継続計画)の強化を目的に、本番サーバを九州のデータセンターに移行し、ディザスタリカバリによるリスク分散とパソコンのシンクライアント化を実施。日立の統合システム運用管理「JP1」のサーバ稼働管理製品「JP1/PFM」を導入して、効率的な遠隔監視体制を整えた。仮想サーバ上のリソース監視を行う「JP1/PFM - Agent for VM」やパフォーマンス監視・プロセス死活監視を行う「JP1/PFM - Agent for Platform」などの活用によって、仮想サーバと物理サーバの一元管理を実現している。


ディザスタリカバリとシンクライアント化でBCPを強化

森定興商 システム運用部 部長 平野久雄 氏 森定興商 システム運用部 部長 平野久雄 氏

 鉄鋼販売で起業し、パイプや鋼材・建材などの生産材を取り扱う商社として成長を続けてきた森定興商

 「社会が大きく変化し、ニーズが多様化するなかで、業績を伸ばし続けてこられたのは、『変革と挑戦』を社是としているからこそ」と森定興商 システム運用部 部長 平野久雄 氏は語る。

 同社はITの活用にも積極的に挑戦し、先進的なシステムをいち早く取り入れてきた。業務改革と経営情報の把握のためにはITが不可欠であると、経営トップが強く意識してきたのである。

 「パイプなどの生産材は、公共性が高く、インフラ整備に欠かせないものです。したがって、強固なBCPを整備しておくことが、社会的責任であると考えています」(平野氏)

 これまでも同社は、緊急地震速報の受信機を全拠点に整備するなど、積極的にBCPの強化に取り組んできた。

 BCP強化の一環として同社は、本番サーバを九州のデータセンターに移行し、ディザスタリカバリによるリスク分散を実施。それと同時に、各自のPCが壊れて業務が止まってしまうことを避けるため、PC端末のシンクライアント化も実施した。

 当初は、ブレードサーバ1台で30台のシンクライアント端末を動かす予定だったが、ブレードサーバ1台で動かすのは15台程度にとどめたほうが快適であることが判明。

 そこで、ヴイエムウェア社の仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server」を導入して、1台のブレードサーバ上に2つの仮想サーバを立ち上げ、1つの仮想サーバで15台の端末を動かすことにした。

 仮想化によって、ブレードサーバの台数を増やすことなく、快適なシンクライアント運用を目指したのだ。

「JP1/PFM」を導入し仮想/物理サーバを一元管理

森定興商 システム運用部 係長 大崎貴昭 氏 森定興商 システム運用部 係長 大崎貴昭 氏

 森定興商では、日立の統合システム運用管理「JP1」のネットワーク管理製品「JP1/Cm2/NNM」などを導入して、ネットワーク機器やサーバのPing死活監視、ネットワークリソース監視などを行っていた。

 同社はデータセンターのサーバ稼働管理ツールとしても、実績や親和性などを評価しJP1を活用することに決めた。

 「データセンターのサービスは、サービスレベルごとに料金設定されており、我々の要望を考えていくとコストが高くなります。それならば、JP1を組み合わせた自主的な遠隔監視体制を整えた方が、可用性の向上にもつながると考えました」(平野氏)

 JP1の販売とサポートを担当するアシストは、サーバ稼働管理製品「JP1/PFM」を導入して、JP1/PFMとJP1/Cm2/NNMを統合コンソール「JP1/IM」で統合管理する方法を提案。

 これにより森定興商は、仮想サーバと物理サーバを一元管理することが可能になったのだ。

 「JP1は信頼性が高く、安心して利用できます。加えてアシストは、JP1の24時間サポートなど、きめ細かな対応をしてくれるうえに、JP1のユーザー会や勉強会も独自に運営しており、最新の情報を入手しやすいのも魅力です」と森定興商 システム運用部 係長 大崎貴昭 氏は評価する。

仮想サーバのリソース監視で快適なシンクライアント運用

森定興商 システム運用部 主任 宮崎喬也 氏 森定興商 システム運用部 主任 宮崎喬也 氏
森定興商 システム運用部 鬼頭良文 氏 森定興商 システム運用部
鬼頭良文 氏

 2009年5月、データセンターの利用開始とともに、JP1による遠隔監視体制がスタートした。

 グループウェアや文書管理システムなどの物理サーバは、「JP1/PFM - Agent for Platform」で、パフォーマンス監視とプロセス死活監視を行っている。

 「例えば、帳票フォームとデータをオーバーレイする際にエラーが発生すると、JP1/PFM - Agent for Platformのプロセス死活監視がこれをキャッチして、JP1/IMがアラートメールを自動発信してくれます。従って、ユーザーから不具合発生の連絡をもらった時点では、原因究明が完了しており、すでに講じた対策を説明できるのです」(大崎氏)

 一方、シンクライアントを支えている仮想サーバは、リソース監視を行う「JP1/PFM - Agent for VM」で負荷状況を把握している。

 「例えば、1台のブレードサーバ上にある片方の仮想OSのCPU使用率がしきい値の90%を超えると、アラートメールが送られてきます。JP1/IMの画面をチェックして、原因が何であるかをすばやく確認して、原因となっているユーザーにいったんログアウトしてもらうなどの措置をとります。こうした対応をすばやく行うことで、他のユーザーに与えるパフォーマンス低下の影響を最小限に抑え、シンクライアントをスムーズに運用しているのです」と森定興商 システム運用部 主任 宮崎喬也 氏は言う。

アシスト 中日本支社 営業部 課長 金川達也 氏 アシスト 中日本支社 営業部 課長 金川達也 氏

 「JP1の画面は、グラフィカルで見やすい。ディスク、メモリー、CPUの利用状況など、仮想環境も把握しやすく、重大な障害となる前に気づくことができます」と森定興商 システム運用部 鬼頭良文 氏は続ける。

 「サーバ統合などで仮想化技術を導入するお客さまが増えていますが、仮想環境において今まで以上のパフォーマンスを出すには、JP1/PFM - Agent for VMが役立ちます。今後も、JP1/PFMによる仮想環境の統合的な運用管理を、幅広いお客さまへ提案していきたい」とアシスト 中日本支社 営業部 課長 金川達也 氏は話す。

リソースの最適配分やキャパシティプランニングにも活用

 管理負荷の軽減やシステム全体の可用性の向上などの効果もあらわれている。

 「JP1のおかげで、遠隔地にあるデータセンターとの距離を意識することなく、きめ細かな運用管理が実現できています。むしろシンクライアント化やバックアップの集中処理によって、管理工数は減少しました。また、監視に必要な情報を漏れなく把握できるようになったので、システム全体の可用性も向上しています」(宮崎氏)

 「今後は、JP1のログやレポートを活用して、リソースの最適配分にも取り組みたい。キャパシティプランニングなどの長期的なIT戦略の立案にも、JP1を活用していきたい」(平野氏)

 ディザスタリカバリとシンクライアント化によって、BCPを強化した森定興商。

 森定興商のBCP強化の取り組みを、今後もJP1が支えていく。

森定興商の運用管理システム概要

BCP:Business Continuity Plan
JP1/PFM:JP1/Performance Management
JP1/PFM - Agent for VM:JP1/Performance Management - Agent Option for Virtual Machine
JP1/PFM - Agent for Platform:JP1/Performance Management - Agent Option for Platform
JP1/Cm2/NNM:JP1/Cm2/Network Node Manager
JP1/Cm2/SSO:JP1/Cm2/SNMP System Observer
JP1/IM:JP1/Integrated Management
SNMP:Simple Network Management Protocol

※本記事は、日立製作所より提供された記事を許諾を得て再構成したものです。





提供:株式会社日立製作所
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2010年10月8日

関連リンク

バーチャル JP1 Day ブリーフィングセンター
9/8開催のセミナー「Hitachi Open Middleware World JP1 Day」の講演ダイジェスト動画や講演資料がご覧になれます。

JP1製品サイト
JP1に関する製品情報はこちらからご確認ください。

JP1体験版
JP1体験版のお申込みはこちらからご確認ください。

お問い合わせ
JP1に関するご購入前のご質問はこちらからご確認ください。