ニュース
» 2010年09月13日 11時05分 UPDATE

HDE、誤送信メールを自動判定するセキュリティアプライアンスを発売

HDEは、事前に設定されたルールを基に誤送信メールを判別するエンジンを搭載したセキュリティアプライアンスを発売した。

[國谷武史,ITmedia]

 HDEは9月13日、メールの誤送信を防ぐセキュリティアプライアンスの新製品「tapirus G 2000」を発売した。20種類のルールを基に誤送信メールを検出する独自の「メール誤送信対策エンジン」を搭載している。

tapirusg2000.jpg tapirus G 2000

 メール誤送信対策エンジンは、例えば複数のあて先をBCCで送るはずが誤ってTOで送信してしまった本文に「ファイルを添付する」と記載しながら添付を忘れてしまった場合など、20種類のルールで誤送信メールを検出して、送信を保留する。ルールのカスタマイズもできる。

 また、送信メールを一定時間保留して送信者やその上長など第三者が確認を行い、誤送信に気付いた際に送信を中断できる。ユーザーが指定した条件に合致するメールの保留・削除ができるほか、添付ファイル付きのメールをパスワード付きのZIP形式に変換する機能も搭載する。

 価格はオープン価格(想定価格は250万円前後)としている。

変更履歴……初出時に「約1000ユーザーまでの環境に対応し、」との記載がありましたが、メーカーより環境によっては対応可能なユーザー数に差異が生じる可能性が確認されたため、削除いたしました。お詫びして訂正いたします。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ