ニュース
» 2010年09月17日 17時23分 UPDATE

NEC、中小規模オフィス向けを含めたUTMアプライアンスを強化

NECは、チェック・ポイント製のセキュリティソフトを採用した統合脅威管理(UTM)アプライアンスの新機種を発売した。

[國谷武史,ITmedia]

 NECは9月17日、統合脅威管理(UTM)アプライアンス「UNIVERGE UnifiedWall」の新製品4モデルを発売した。11月15日から出荷を開始する。

 本製品は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのセキュリティソフトと、NECのハードウェアを組み合わせたもので、ファイアウォール、VPN、不正侵入防御(IPS)、ウイルス対策、URLフィルタリングといった複数のセキュリティ機能を搭載する。

 運用開始後でも、必要に応じてこれらの機能を追加できる点が特徴となる。例えば、初期導入時は最小限の機能のみ利用することでライセンス費用を抑え、後から利用した機能に応じてライセンス費用が追加される。

 各モデルの価格と最大スループットは以下の通り。

モデル名 希望小売価格(税別) スループット
UNIVERGE UnifiedWall 100 69万円 0.8Gbps
UNIVERGE UnifiedWall 1100 162万円 2.5Gbps
UNIVERGE UnifiedWall 2100 288万円 3Gbps
UNIVERGE UnifiedWall 4100 429万円 4.5Gbps

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ