ニュース
» 2010年09月21日 10時33分 UPDATE

IBM、DWHアプライアンスのNetezzaを17億ドルで買収

IBMがビジネス分析サービス強化を狙い、データウェアハウス(DWH)アプライアンスおよびソフトウェアを提供するNetezzaを買収する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは9月20日(現地時間)、データウェアハウス(DWH)アプライアンスの米Netezzaを買収することで合意に達したと発表した。ビジネス分析サービスの強化が狙い。取引は1株当たり27ドルの現金で行われ、総額は約17億ドルに上る。年内に買収完了する見通しという。

 Netezzaは2000年創業、2007年に公開したマサチューセッツ州マールボローに拠点を置く公開企業。ストレージ、処理、データベース、分析の機能を単一のシステムに統合したDWHアプライアンスを提供している。同アプライアンスは、従来の半分のコストと3分の1の電力で10〜100倍のパフォーマンスを発揮するとしている。Time Warner、Estee Lauder、NTTドコモ、サッポロビールなど、さまざまな業種にわたる350以上の企業を顧客に持っている。IBMのほか、EMC、Microsoftなどと協業している。

 買収完了後、Netezzaの製品はIBMの情報管理製品ポートフォリオに組み込まれる。IBMはこの買収により、Business Analytics and Optimization Services部門で提供する情報および分析サービスを拡充できるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -