レビュー
» 2010年09月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:まだSAN/NASを使い続けますか? 分散ハッシュテーブル(DHT)実装のクラウドストレージでコスト削減を

大規模のストレージシステムを構築する際に必ず問題となるのは、あまりにも高いストレージコスト。一般企業・クラウドサービス事業者においては、事業収益を圧迫する大きな問題である。この問題を解決するソリューションであるScalityRingを実データを交え解説する(提供:Scalityジャパン)。

[PR/ITmedia]

分散ハッシュテーブル(DHT)という先進技術を搭載した、高速クラウドストレージソフトウェアとは何か。テクノロジー解説と実ユーザーでの構築事例とを交え、なぜ安価にクラウドストレージが構築できるのか、どの様にデータを効率良く格納しているのか、なぜSAN並みの性能が実現可能なのか、なぜ高い耐障害性能をもっているのか等を解説していく。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1700点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ