ニュース
» 2010年09月29日 17時00分 UPDATE

FJBからFJMへ:10月1日に新会社「富士通マーケティング」発足、中堅民需市場に注力

富士通グループの中堅民需市場向けビジネス中核会社「富士通マーケティング」が10月1日に発足する。富士通の中堅民需ビジネス機能と富士通ビジネスシステムが融合した。

[谷古宇浩司,ITmedia]

 富士通ビジネスシステム(FJB)は2010年10月1日付けで富士通マーケティング(FJM)に社名を変更する。FJBに富士通の中堅民需ビジネス機能を統合する。

 FJBの既存事業である直販ソリューション事業に加え、中堅民需市場向けパートナー事業と商品企画・開発事業を追加する。従来FJBとして行ってきた大手民需・官公需・自治体・文教・ヘルスケア市場における直販事業、保守・運用事業は継続する。

 同社は富士通グループ内の中堅民需市場向け中核企業と位置づけられる。直販事業のほかに、開発およびパートナー経由の間接販売事業も行うのが特徴。富士通から異動する150人の開発スタッフとFJBの商品開発部隊120人を融合した商品事業組織を設置するほか、パートナー企業の中堅民需ビジネスを支援する機能もFJMに集約する。さらに、富士通の東名阪地区パートナー支援部隊約100人もFJMに移管する。

 富士通グループの中堅民需ビジネスの売上規模は1390億円(2009年度)。中堅民需向け新商品開発、中堅民需向けクラウドビジネスの展開、パートナー事業、および顧客企業の中国進出サポート事業を展開することで、「2015年度までに中堅民需ビジネスの売上規模を2000億円」(富士通ビジネスシステム 代表取締役社長 古川章氏)とする予定。

 中堅民需向け新商品の第一弾として、SaaS型業務アプリケーションソフトウェア「GLOVIA smart 会計 きらら」を10月に販売する。順次、「人事」「給与」「生産」「販売」対応製品を投入していく。「きらら」シリーズ全体(SaaS版とパッケージ版)で2013年度までに1万社の導入を目指す。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -