ニュース
» 2010年10月06日 16時14分 UPDATE

モバイルPCのネット接続を制限――ウォッチガードとベーシックが提供

UTMとインターネット無断接続防止ツールを組み合わせたソリューションをウォッチガードとベーシックが提供する。

[國谷武史,ITmedia]

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとベーシックは10月6日、モバイルPCの不正なネットワーク接続を制限するセキュリティソリューション「コネクト・リミット」の提供を開始した。従業員100人以上の企業や組織での利用に適したものという。

 コネクト・リミットは、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンスとベーシックのインターネット無断接続防止ツールを組み合わせたもの。モバイルPCによる通信の接続先を制限することで、不正な接続によるセキュリティの脅威を防止する。

 例えば、社外でインターネットを利用する際に、VPNで社内に設置したUTMアプライアンスを経由する仕組みにすることで、ファイアウォール、アンチウイルス、URLフィルタリング、迷惑メール対策といったUTMのセキュリティ機能を使用でき、トラフィックのセキュリティを確保するという。

 利用価格は100ユーザー規模の場合で90万円。初年度150社の利用を見込む。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ