レビュー
» 2010年10月07日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:プライベート・クラウドで本当にTCO削減は可能なのか?既存の混在ストレージをフル活用する革新の手法とは

異機種混在ストレージの仮想化で、TCOや運用負荷の削減を支援し、余剰容量の有効活用を実現。そのための答えは、ここにある(提供:ネットアップ)。

[PR/ITmedia]

 ニーズに合わせて対応してきたことで、企業におけるハードウェアインフラは、複数ベンダーのストレージ混在やDAS/SAN/NASなど接続形態の異なる状態にあり、効率的な運用を阻害する要因になろうとしている。また、非効率なディスク増設や上位アプリケーションの保守切れによるハードウェア交換のタイミングが合わないために、複数ストレージの管理が煩雑になるといった課題を聞くことも多い。

 本ドキュメントでは、仮想化アプライアンスNetApp Vシリーズにより、企業内に混在する他社のストレージも仮想的に統合することで、余った容量の有効活用を可能にする手法と、マルチプロトコルサポート、重複排除、シンプロビジョニングといった仮想ストレージの機能を活用した運用・管理の飛躍的な効率化を実現するベスト・プラクティスを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1800点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ